寺下史郎さんが在籍するIRジャパンの実績|外注できる社員研修

レディー

上場企業への適切サポート

会社

上場企業の業務をサポートするコンサルティング会社といえば、IRジャパンが挙げられるでしょう。証券取引所で上場を行なった場合、投資家からの安定した資金調達などのメリットが得られますが、中には敵対的買収の対象となる場合もあります。経営再建のために行なうM&Aは倒産のリスク回避のために利用ができますが、無理やり傘下の子会社とするために買収を行なう敵対的買収であれば、きちんとした備えが必要となるでしょう。競合他社からの敵対的買収に対処するためには、きちんとした専門家からの助言が必要となるものです。IRジャパンでは、この問題に対しての適切なコンサルティングを行なっています。株の買い占めを防ぐ手段を代理で構築してくれるほか、企業再生のためのM&Aに関するプランの提案も行なっているので、上場する多くの会社から依頼されています。

たくさんの企業をサポートするIRジャパンの代表は、寺下史郎と呼ばれる人物です。1982年にIRジャパンの前身であるAIAに入社し、25年後の2007年には代表取締役としてIRジャパンを牽引する敏腕社長なのです。30年以上に渡ってIRの概念を普及し続けた専門家であるため、IRに関する相談や依頼は、寺下史郎さんが在籍するIRジャパンへ行なうとよいでしょう。寺下史郎さんの書籍は数多くあり、ネット上には対談内容が視聴できるサイトもあるので、IRジャパンへの依頼を行なう前にどのような社長であるか、調べてみることで信用できる会社がどうかが判断できるでしょう。

適切な人材管理ができる

3人の男性と女性

管理職研修に参加することで、会社の利益に直結する社員へのマネジメントができるようになります。PDCAサイクルに基づき問題解決のための道筋を設定できるので、部下の不満も解消できるほか、上層部からの不信感も改善できるでしょう。

詳細を読む

負担なく育成ができる

会社

採用したばかりの社員には、業務内容などをしっかりと教えこむ必要がありますが、普段の業務を行いながら指導をするとなると、指導を担当する社員の負担も大きくなります。社員研修のコンサルティングを行なう会社に依頼することで、手間を掛けずに新人育成ができるでしょう。

詳細を読む

見直されている制度

オフィス

成果主義の台頭によって、福利厚生などの優遇制度を廃止する会社は多くあります。しかしこうした優遇制度は、求人応募の人数を増やし、働く社員にとっても励みとなるものであるため、廃止して利益が向上するとは限りません。アウトソーシング会社に依頼することで、安く福利厚生制度を採択できます。

詳細を読む

Copyright© 2016 寺下史郎さんが在籍するIRジャパンの実績|外注できる社員研修 All Rights Reserved.